日頃から対策をすれば大丈夫|PMSを上手にコントロール

栄養補助食品

肝臓で作られるエネルギー

肥満

蓄積させないために

コレステロールとは、食べ物が分解されることで肝臓で作り出された栄養分です。人間の体は、これをエネルギーとして使って呼吸や血液の循環、運動などをおこなっています。しかしコレステロールは、肝臓から栄養分として全身に送り込まれる過程で、血管などにこびりついてしまうことがあります。これが蓄積されると動脈硬化となり、さらに多くこびりつくと、心筋梗塞や脳梗塞などの発作を起こしやすくなります。しかしエネルギーとして使われなかったコレステロールは、肝臓に戻っていきます。そしてその過程で、こびりついたコレステロールを吸着します。つまり動脈硬化などのトラブルを防ぐには、コレステロールをエネルギーとして十分に使ったり、きっちりと回収したりすることが肝心ということです。

不飽和脂肪酸の摂取

エネルギーを使うには、ウォーキングやジョギングなど、体をしっかりと動かすことが大事です。またこういった運動により、余ったコレステロールは肝臓に回収されやすくなります。このように運動はコレステロールの蓄積から体を守るためには非常に有効なのですが、仕事などで多忙という人の場合、運動をする時間や体力の余裕がないことがあります。そのような人の場合、不飽和脂肪酸の摂取によって、こびりついたコレステロールを除去することが可能です。たとえばアジやイワシなどに含まれているDHAやEPA、えごま油やアマニ油などに含まれているオメガ3脂肪酸などです。これらはサプリメントでも摂取できるので、運動をするよりも手軽です。そのため多忙な人が増えていくにつれて、これらを利用する人もまた増えていくと考えられています。